わんだふるライフ

代表 山口晴樹

昭和54年生まれ 千葉県千葉市出身

はじめまして。当ホームページをご覧いただきありがとうございます。
私は大手食品会社に19年間努めておりました。
会社に勤めながらドッグトレーナー養成学校に通い、
現在は千葉県佐倉市にて「犬の保育園」を経営させていただいております。

そんな私が何故「ペットのオーダーメイド手作り食」を始めたのか・・・。
それは、「愛犬2頭」と
「犬の保育園に通ってくださっている、たくさんのワンちゃん達や飼い主様との出会い」から始まりました。

まずは、愛犬2頭をご紹介させていただきます。

チャッピー & ジョイ

仔犬の頃からアジリティーやフリスビーを練習していて、ようやく形になってきた頃でした。
軽度ですが、
「てんかん発作」の症状が現れるようになりました。
おそらく先天性のものだと思われますが、
それから毎日、薬を飲み続けるようになりました。
さらに、困ったことに
フードをなかなか食べてくれません。

いろいろ試行錯誤しながらでも
3日くらい食べない時も普通にありました。
ドライフードも20種類以上試したかと思います。
「食べた」と思ったら翌日はプイッとされ
当時は結構悩んでましたが
食べないという行動にもちゃんとした理由がありました。
ご飯を食べなくて悩んでいる飼い主様も
多くいらっしゃいます。
私も同じ経験をしたからこそ、
飼い主様に寄り添い
アドバイスさせていただけたらと思います。

チャッピー
犬種:パピヨン メス
ジョイ
犬種:柴犬 オス

ある日、保育園で仕事中に外を見ると
1頭の柴犬が歩いておりました。
首輪はしておりますが、飼い主様の姿が見当たりません。
おや???・・・
車通りの多い場所だったので、
とりあえず保護いたしました。
その後、飼い主様を探しましたが
見つかりませんでしたので、
そのまま引き取ることといたしました。
今ではすっかり家族の一員で保育園の看板犬です。

そんなジョイですが、
当時は内モモとお尻が痒かったのでしょう。
舐めすぎて真っ黒の状態でした。
アトピー性皮膚炎と診断され、
こちらも毎日のようにステロイド薬を飲むようになり
完治することはありませんでした。

ちなみにジョイはいつでも腹ペコで何でも食べます。
食に対して対照的な2頭ですが、
毎日薬を飲む生活が続いていました。
このまま一生薬を飲むのか・・・。
個人的にそれはものすごく抵抗感がありましたので
薬以外のことで、何とかならないかを模索して
手作り食に出会います。

保育園のワンちゃん・飼い主様との出会い

ワンちゃんを始めて迎え入れる方も多く、しつけについてはもちろんですが、
フードに対しても悩まれている方が多く、たくさんの方にアドバイスをさせていただきました。
しかし、
「子ども達の世話や仕事でなかなか作る時間がない」
「分量がよくわからない」
「足りない栄養素があったりしないか不安」
などの声もいただきました。
そのような経験から愛犬1頭1頭の体に合った食事を提供できるようにしたいと思うようになり、
ペットのオーダーメイド手作り食を始めるきっかけとなりました。

お悩みを一緒に解決しましょう

わんだふるライフで使用するほとんどのお野菜は、契約農家から直接取り寄せておりますので、とっても新鮮。
さらに厳選したお肉、お魚を使用して調理。
過去に大手食品会社に19年間努めていた経験を生かし、
製品の安全性、品質を妥協することなく、
人が食べても安全なヒューマングレードのフードをお届けいたします。

わんだふるライフとは、
その名の通り愛犬と飼い主様が
「素晴らしい生活」
を送れるようにと思いを込めた社名です。
楽しく・健康的で・長生きできるワンちゃんを増やすため日々精進して参ります。
是非、お気軽に飼い主様の思いや悩みをお聞かせください。
一緒に解決していければ幸いです。

長文となりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。
わんだふるライフ
代表 山口晴樹
昭和54年生まれ 千葉県千葉市出身

はじめまして。
当ホームページをご覧いただき
ありがとうございます。
私は大手食品会社に19年間努めておりました。
会社に勤めながら
ドッグトレーナー養成学校に通い、
現在は千葉県佐倉市にて
「犬の保育園」
を経営させていただいております。

そんな私が何故
「ペットのオーダーメイド手作り食」
を始めたのか・・・。
それは、「愛犬2頭」と
「犬の保育園に通ってくださっている、
たくさんのワンちゃん達や
飼い主様との出会い」から始まりました。

まずは、愛犬2頭をご紹介させていただきます。

チャッピー & ジョイ
チャッピー
犬種:パピヨン メス

仔犬の頃から
アジリティーやフリスビーを練習していて、
ようやく形になってきた頃でした。
軽度ですが、
「てんかん発作」の症状が
現れるようになりました。
おそらく先天性のものだと思われますが、
それから毎日、
薬を飲み続けるようになりました。
さらに、困ったことに
フードをなかなか食べてくれません。

いろいろ試行錯誤しながらでも
3日くらい食べない時も普通にありました。
ドライフードも
20種類以上試したかと思います。
「食べた」と思った
ら翌日はプイッとされ
当時は結構悩んでましたが
食べないという行動にも
ちゃんとした理由がありました。
ご飯を食べなくて悩んでいる飼い主様も
多くいらっしゃいます。
私も同じ経験をしたからこそ、
飼い主様に寄り添い
アドバイスさせていただけたらと思います。

ジョイ
犬種:柴犬 オス

ある日、保育園で仕事中に外を見ると
1頭の柴犬が歩いておりました。
首輪はしておりますが、飼い主様の姿が見当たりません。
おや???・・・
車通りの多い場所だったので、
とりあえず保護いたしました。
その後、飼い主様を探しましたが
見つかりませんでしたので、
そのまま引き取ることといたしました。
今ではすっかり家族の一員で保育園の看板犬です。

そんなジョイですが、
当時は内モモとお尻が痒かったのでしょう。
舐めすぎて真っ黒の状態でした。
アトピー性皮膚炎と診断され、
こちらも毎日のようにステロイド薬を飲むようになり
完治することはありませんでした。

ちなみにジョイはいつでも腹ペコで何でも食べます。
食に対して対照的な2頭ですが、
毎日薬を飲む生活が続いていました。
このまま一生薬を飲むのか・・・。
個人的にそれはものすごく抵抗感がありましたので
薬以外のことで、何とかならないかを模索して
手作り食に出会います。

保育園のワンちゃん
飼い主様との出会い

ワンちゃんを始めて迎え入れる方も多く、
しつけについてはもちろんですが、
フードに対しても悩まれている方が多く、
たくさんの方に
アドバイスをさせていただきました。

しかし、
「子ども達の世話や仕事で
なかなか作る時間がない」

「分量がよくわからない」
「足りない栄養素があったりしないか不安」
などの声もいただきました。

そのような経験から
愛犬1頭1頭の体に合った食事を
提供できるようにしたい
と思うようになり、
ペットのオーダーメイド手作り食を
始めるきっかけとなりました。

お悩みを一緒に解決しましょう

わんだふるライフで使用する
ほとんどのお野菜は、
契約農家から直接取り寄せておりますので、
とっても新鮮。
さらに厳選したお肉、お魚を使用して調理。
過去に大手食品会社に19年間努めていた
経験を生かし、
製品の安全性、品質を妥協することなく、
人が食べても安全な
ヒューマングレードのフードを
お届けいたします。

わんだふるライフとは、
その名の通り愛犬と飼い主様が
「素晴らしい生活」
を送れるようにと思いを込めた社名です。
楽しく・健康的で・長生きできるワンちゃんを増やすため日々精進して参ります。
是非、お気軽に飼い主様の思いや悩みを
お聞かせください。
一緒に解決していければ幸いです。

長文となりましたが、
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

Scroll to Top